読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々そわか

そわかが綴るすこやかな暮らしの雑記帳。くらしのこと、子育てや本や美味しいものも。あと、仮説の証明も出来れば!

へろへろな年末。からの!

f:id:erieriririsheep:20161231173803j:image

こんにちは。

 

2016年もあっという間に幕を閉じようとしていますね。

今ごろ我が家も実家で家族一同年越し準備の予定でした。涙

 

というのも、私、熱が出てしまって。

今、実家には10月に生まれたばかりの赤ちゃんと妹がいるのでうつしたら大変、と様子みていたのですが、なかなか下がらす。

 

今日、かかりつけの病院へ電話したら、当直の先生が診て下さるというので行って来ました。

 

喉が痛かったので、風邪かなと思っていたのですが、一応この時期ということでインフルの検査するもこちらは陰性。

 

ちょうど主治医の先生が病院にいらっしゃったようで診察して下さることに。

 

成人スティル病の悪化の可能性があるとのことでプレドニン増やそうかどうしましょ、と迷われて…私どきどき。

 

以前、熱が出た際にロキソニンで治まったこともあるのでそちらで様子みてとのことになりました。

 

ほっとしつつも、少し無理をしたり、暴飲暴食したりは免疫にすぐにダメージを与えること、改めて気を付けないと、と反省しました。

 

12月。

ママさんたちとのランチや子ども交えたパーティの機会も多く、ずっと控えていた甘いものやスナックを食する機会が増えて、自宅でもついついつまんだり。

 

久しぶりに飲んだワインが美味しくて、おつまみと共に3杯も(いつもは2杯が限界)飲んでしまったり。

 

ラムカレーが美味しくできて食べ過ぎてしまったり汗

 

少しでやめれば良いのにブレーキ壊れちゃいました笑

 

プレドニン副作用のムーンフェイス(顔のむくみ)や体重増加が嫌で、そして、整体の先生からの糖質制限・食事指導もあって我慢していたのが決壊してしまいました…。

 

恥ずかしいのですが、同じように副作用を気にしている方に悪い例ですが、参考になればと、こちらに書くことにしました。

 

病気の悪化、と聞いてひやりとしましたが、主治医の先生がいらしてくれて診察してくださったのも、奇跡的!

 

病院の帰りに、食生活やっぱり大切、とスーパーに寄ってもらい買い物。

 

そこで、福引きに参加できる券を隣で袋詰めしていたおじさまに戴いたり。

 

いろいろあった2016年。

 

でも、山あり谷ありのように見えて、螺旋階段のようにいい方に向かっているようです。

 

明日も帰省は厳しいかも、とお節を簡単にできるものとそばつゆの準備はおっとと子どもたちにも参加してもらって。

 

元気で(今はちょっと本調子ではありませんが)家族仲良くいられることに感謝して、来年も、自己管理に気を付けて明るく毎日楽しみます!(急な宣言)

 

お腹が空いているわけじゃないのに何か食べたい‼という衝動を抑えるのに、アロマも効果はありますが、足を温めるのも効果があるようですよ!

 

こちらのブログにも数あるブログからご訪問下さりありがとうございます。

 

うれしいご縁に感謝です。

 

どうかよいお年をお迎えくださいね!!

 

写真は、ウノに興じる子どもたち。

おっとと私からのクリスマスプレゼントは、ウノと本「さかなのなみだ」「パンダのポンポン 夜空のスターチャウダー」でした。